C++環境構築

C++が書けるテキストエディタってたくさんありますよね。今回はそれらを比べてみたいと思います。

Visual Studio

C++といったらこれ!って思う人が多いかもしれませんね。

これ一つで実行、デバッグができるのでとても便利です。

が、設定が難しかったり、初期設定じゃbits/stdc++.hが使えないなどちょっとめんどくさいです。

Visual Studio Code

筆者はいつもこれを使ってます。

最初からbits/stdc++.hが使えたのでずっとこれを使ってます。

が、このソフトで実行するにはいろいろとごちゃごちゃ環境構築しないといけなかったのでとても面倒くさかった思い出があります。

Atom

色が好き。

このソフトで実行できるようにするのもいろいろとしないといけないのでちょっと大変です。筆者はバグってできませんでした(泣)

あと、C++ではないのですが、htmlファイルを作って、htmlと打ち込めばhtmlの最初に書くものが出てくるので、htmlはこのテキストエディタで書いてます。

Sublime Text 3

これもまた色が好き。

このソフトで実行できるようにするのも結構手間がかかります。

おしまい

ここに書いたことは全部筆者の主観なので自分でさわってみて自分にあった環境を構築しましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です