ΣRT

提供:APCC
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事は秀逸な記事です。


ΣRT
正式名 ΣRT
サークル APCC
65
主な分野 アクションゲーム


ΣRT(しぐま あーるてぃー)は、65期のパソコン部員である。

概要

LINE BALLなどのシンプルな図形を特徴とする横スクロールアクションを多く制作している。

ゲーム制作の速度が早く、LINE BALL ADVANCEDは前作からわずか12日で公開された。 その能力は多くの合作に生かされており、デスマーチと化していたM4A.I.K.Oを救った。

21年度文化祭のパソコン部パート長である。また、現在のパソコン部会計である。

名前である「ΣRT」の由来であるが、名字一文字ずつのローマ字の頭文字を取り、そのままではすこしダサかったので、最初の文字を90°左に回転し、「Σ」にした

作風

素直で比較的長いステージを特徴とする。ブロックいびり時間いびりをほとんどしない一方、ショットいびりをよく見かける。全体的に難易度は低い。[1]

作品

エピソード

19年度文化祭以降HSPをあまり使用しておらず、近年は主にアクションエディターを使用している。

効果音BGMにあまりこだわりを見せない一方、には気を使っている。

多数の作品が実況プレイされている。

2020年10月17日からFreemにゲームを投稿しており、総DL数は、Freem!とフリーゲーム夢現を合わせると1600を超えている。

ゲームを制作しようと思った原点は、IN作の「Stage1 complex」である。

受賞

  • 第二回新人フリーゲームコンテストにて、LINE BALL COLLECTが「レアツール部門賞 特別賞」を受賞
  • ゲームクリエイター甲子園2021にて、FEATUREが「ゲスト審査員賞 大野真樹賞」を受賞

外部リンク

関連項目

パソコン部会計
先代 当代 次代
ramdos ΣRT (未定)
  1. 難易度調整が下手で、簡単なゲームと難しいゲームの差が激しいと言われることがある