スキル

提供:APCC
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアにスキル の解説があります。

スキルとは、戦闘時・非戦闘時を問わず、キャラクターが行う、攻撃・防御・回復等の特別な行動のことである。本項目では、同時に「魔法」についても扱う。

概要

主にロールプレイングゲームにおける用語である。

殴る蹴るなどの、単純な物理攻撃ではない行動のことである。

味方に特殊な状態変化を付与できるものや、物理攻撃でも、一撃一撃が少し低威力な分、連続で何回も攻撃する物理攻撃も含まれる。 一見エフェクトからして魔法に見えるものでも、システム内では「魔法」と分類されないものもある[1]

また、無償でできる通常攻撃とは違い、強力なぶん、MPHP[2]を消費することが極めて多い[3]

以上をまとめると、(もちろん、作品によってばらばらであるため、一概には言えないが)使用するのにMPやHPを消費する行動のことをスキルという[要出典]

「スキルを使用しない」という趣旨の縛りプレイはかつてから様々な場所で見られる。

なお、鬼滅の刃における「呼吸」は、一種のスキルといえる。

習得方法の違い

スキルを使用できるためには、ゲーム内でスキルを習得する必要がある。スキルを習得するシステムとして、スキルポイント制を採用するゲームが大半である[要検証] 。(スキルポイントについては、当該項目を参照のこと。)

他にも、レベルアップにより、自動的に覚えられることもある。(特に魔法[4][要出典]

「魔法」について

「魔法」と「スキル」は、「現実世界ではなかなか再現しにくい」という点で共通である。しかし、「スキル」は、物理的な動きを伴うものを指すことがほとんどなのに対し、「魔法」は、物理的な動きを行わなくとも、不思議な言葉を口頭で唱えることで敵にダメージを与えたり味方を治癒することができるものである[要検証] 。ファンタジーの世界に、よりリアリズムを追求したい方は、冒頭のリンク先のWikipediaのページを参考にするとよい。

関連項目

脚注

  1. この辺の設定は、もし「魔法に対して〜する」や、「スキルの使用を封印する」といった魔法・スキル・状態変化等に絡んでくるので意外に重要である。
  2. ドラゴンクエストのみをプレイする人にはあまり馴染みが無いが、使った後に息切れしそう=文字通り、体力を消費するという理由で、主に強力な物理攻撃の使用代償としてHPを消費するシステムを採用しているゲームも存在する。
  3. HPもMPも消費しないスキルを設定することも稀にある。
  4. また、作品によるが、一部の魔法がスキルポイントを振ることによって習得できるという作品もある。