ライフ

提供:APCC
ナビゲーションに移動 検索に移動

326871.pngこのページでは死亡によって減る主人公の残り数について解説しています。RPGなどにおけるキャラクターの体力についてはヒットポイントをご覧ください。


ライフとは、ゲーム中にミスをした際にペナルティーとして減る、残り数のことである。残機とも呼ばれる[1]

概要

ノーミスが前提として作られたアクションゲームでは、からの攻撃でダメージを受けたり、に落ちたりしてミスをすると、死亡の演出に遷移し、スタート地点や中間地点からリスタートできるが、そのときに残機という数値が一つ減る。残機がゼロになることでゲームオーバーになるものが大半である。ゲームオーバーになっても、続けてコンティニューができるゲームもある。

特徴

よく、ダメージ=死亡とすることで、ダメージを受けることでのペナルティーを大きくしたゲームで取り入れられることが多い。具体的には、アクションゲームシューティングゲームなどである。

逆に、戦闘において、敵からのダメージを受ける前提で作られるRPGなどでは、残機ではなく、ヒットポイントキャラクターの体力を表現することが多い。

また、残機が無くなることによるゲームオーバーが存在しないゲームもある。ただし、デスによるペナルティーは存在する作品が多く、作品によるかもしれないが、サードパーソン・シューティングゲームであるスプラトゥーンでは、何度デスしても戦場に復活できるが、デスすることで復活に5秒ほどかかる+リスポーン地点に戻されるという点でペナルティーを課している。

アクションゲームやシューティングゲームでも、あえてデスペナルティーを無くすゲームもある。ゆえに、残機のシステムを採用したゲームを、敢えて「残機制のゲーム」と表現することがある。

関連項目

脚注

  1. 化学の用語に「残基」というのがあり、変換学習をさせていなければそちらが優先的に出るものが多いため、よく幹事の間違いが起こる。